アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

四天王寺金堂壁画

お友だちと待ち合わせて
四天王寺へ行ってきました。
お友だちのお友だちが境内の市に染め物を出品されるとかで
よかったらご一緒しましょうか~と、
b0253075_2394287.jpg急遽、話が決まったのです。

お友だちは、四天王寺は初めて。
私は2,3度来たことがあったのですけど
実はきちんと拝観したことはなくて、
今回、初めて五重塔と金堂に入りました。

行ってよかったです!!本当に!!

四天王寺はとっても広大なのですが、
手作りの雑貨や食べ物の屋台の並んでいる伽藍の外とはうって変わり
拝観料の必要な伽藍の内側は
とても静かで、日曜日というのに閑散としています。

みんな、ここにどんな宝が眠っているのか知らないのでしょーか?
・・・って私も、まったく知らなかったのですけどね。

金堂は入り口がよくわからなかったので、
まずは五重塔へ。
扉が開いていたので、おっかなびっくり足を踏み入れました。
(これってかなり珍しい機会だったようです。後で聞くと。
この塔に上ったことのある人ってわりと少ないかも)

・・・四天王寺は聖徳太子が建立されたお寺ですが
何度も火災にあって建て直されています。
入り口から見えたのは、煤けてよく分からないモダンな感じの壁画。
あんまり期待できない気配だったのですが、
でもまあコルラ(右遷)してみると
「土足禁止」という張り紙のある暗い階段の上り口がありました。

「上ってみます?」
「どうしよう。せっかくだから上りますか」

お友だちがいなければ、
きっと靴を脱ぐ面倒くささにくじけていたと思うのだけど
がんばって螺旋階段を上へ・・・上へ・・・
てっぺんまで息を切らせて昇ったら、
舎利塔がありました!

うわー仏舎利が置いてあるとは知らなかったです!
ありがたやありがたや・・・

そこでお友だちと
「やりますか?」
「やりましょう」
と、五体投地をいたしました(^^)

いきなり濃かったですね~
来た甲斐がありましたね~
講堂の十一面観音さまや阿弥陀如来さまを拝んでから
もう一度、金堂に戻りました。

あ、ここから入れるんや~とようやく気がついて入ったら、
思いがけず、またまた素晴らしいものに出会うことができました。
お堂の内側全面に描かれていた壁画は
お釈迦様の一生を描いた仏伝図でした。

右回りにまず最初の絵には、
ルンビニ園での麻耶夫人が描かれていました。
樹下の麻耶夫人と、傘をさしかける侍女たちの美しさ華やかさ。
抑えた色の緑と地面の小さな花々、
木の葉の間に見え隠れする小鳥たち。
え?これ、めっちゃいい絵じゃないですか?!
と、しばらくその場を動けませんでした。

入り口の木札には「中村岳稜画」とありました。
無知な私たちは何も知らなかったのですが(^^;)
実は、後で調べたら、とぉっても有名な日本画家さんだったのです~!

きれいだわ~!と感動しながら2枚目に進むと、
麻耶夫人の右脇の下から生まれてすぐ、
7歩歩まれた小さなお釈迦さまが
蓮の花の上で右手を上げて立っておられました。
東大寺の誕生釈迦仏立像の水盤と同じポーズです。

後光がとても美しく裸のお釈迦さまを荘厳していて
しかもものすごく可愛らしくて
文句なく、私の大好きな絵の1枚になりました!

(この絵をインターネットでどうしても検索できず、
お目にかけることができなくて残念です。
「中村岳稜四天王寺金堂壁画」という本があるようですが、
古書店でもアマゾンでも、ウン万という値段がついています)

3枚目は白馬に跨がる出城の場面です。
ね、美しいでしょう~?

b0253075_23162299.jpg

ただ1959年制作の壁画ですので、もう50年以上経っているわけで
今はもう、残念ながらこんな鮮やかさは失われています。
全体に灰色にくすんだ感じで・・・
それでも十分に素晴らしいですが。

次は降魔と成道。
続いて鹿野苑での初転法輪。
最後に沙羅双樹の下で涅槃に入られた場面。
・・・どれもほんとうに見応えのある壁画でした。

中村岳稜氏は1890年~1969年。
文化勲章も受けられた方のようです。
四天王寺の壁画は69歳のときの大作ということになります。
他の氏の絵を見ていない私が言うのもなんですが
晩年の傑作ではないかしら。

これから何度も見に来ようっと固く決心しました(*^_^*)
だって拝観料、たったの300円ですよ~
美術館よりずっとお得だと思います!
(ただ、保存にもう少しお金をかけていただくのが良いかもしれません・・・
ただ、それでガラス張りになったりすると、逆に残念かもしれません・・・
むずかしいところです・・・)


さてお友だちのお友だちのお店も無事見つけてちょっとお喋りし、
私はお茶粥用のお茶をゲットし、
帰りの参道では釣り鐘まんじゅうをおみやげに買い、
お友だちは、はったい粉を見つけて喜んで購入していました。
ツァンパを作るのだそうです(^^)

たのしく尊い
ひな祭りの1日でした♪
[PR]
Commented by えな at 2013-03-04 08:02 x
お釈迦さまと聖徳太子さまの御功徳を頂いた、ステキなおひな祭りだったのですねぇ♪
絵画、素敵ですねー。実物、いつか拝見してみたいです。
Commented by prem_ayako at 2013-03-05 14:09
そうなんです、何も期待しないで行ったのですけど、ありがたいご縁に恵まれました。
四天王寺はね、国際交流センターからも歩いて行けますよ。ただし拝観は4時半までです。機会があれば是非!
Commented by えな at 2013-03-05 21:05 x
本当だぁ!ということは、カウンセラー養成講座で大阪に伺ったときに、太子さまにご挨拶できるのですね(´▽`)わくわく♪ 一日早く行って、伽藍を拝見することを検討してみます。
by prem_ayako | 2013-03-03 23:26 | friends | Comments(3)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako