アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

チベット語文語文法 修了!

先日、チベットのお正月(ロサ)の直前に
お友だちと勉強してきたチベット語テキスト(チベット語文語文法)が
全課程修了しました!

いやめでたい
チベット人は、1冊本を読み終わったら、
知り合いを呼んでパーティーをするのだそうですが
ほんとにそんな気分ですよ(^o^)

b0253075_21492324.jpgこの日のレッスンは先生のご都合で、
私の家ではなく
京都のお友だちのお家でさせていただきました。

すごく寒い日で、大阪は晴れていたのに
出町柳で地上に出ると雪景色。
私はすっかり旅行気分です♪

出町柳で、叡山電鉄という
1両きりの電車に乗り込みました。
乗ってみて思い出しましたが
今までの人生で、たぶん3回、この線に乗ったことがあります。
20代と、30代と、40代に、1回ぐらいずつ
鞍馬や貴船へ行くときに使いました。

・・・ということを思い出したのは、私の場合、外の景色を覚えていたからです。
つまり、車窓から見える風景の感じが、
そうひどくは変化してなかったってことですね。
京都、偉大!

b0253075_2322440.jpgお友だちにいただいた詳細な地図を頼りに
小雪の舞う中を10分ほど歩いて
あたたかいお家に到着しました。
ダウン、ブーツ、帽子、手袋の装備をといて
さぁお勉強。

いつもそうなのですけど
チベット語のレッスンは特に
最初はりきって始めても、お昼を過ぎると、
「分かっていたはずのことが分からなくなる」魔の時間帯が(笑)
みんなの上に訪れます。

細かい字が読みにくくなるぅ~(T_T)
日本語を聞いてもついていけなくなるぅ~(>_<)

この日は「レッスン14」から始めましたが
例文が難しくてなかなか前に進みません。

たった1個の助詞や助動詞の使い方を説明するために
「般若心経」「入中論」「ラムリム」などのおそろしく難解な文章を
3,4行にもわたって引用してある・・・なんてことがざらなので
日本語で読んでもわけわかりません!
自分ひとりだったら、
ぜぇったいに、読めなかった(=読まなかった)と確信しております。

私たち生徒の空気を読んでか読まずか
先生は、
この日のうちに最後まで終わる!と固く決心しておられたようで(^^;)

「え~やるんですかあ」の雰囲気をものともせず、どんどん進まれて
なんとか夕方までに、最終章の「レッスン17」までやりとげました!
ぜえぜえぜえ。

いっしょに学んでくださった
先生と、同道のお友だちに、心の底から感謝です!

インターネットからダウンロードしたこのテキスト
めちゃくちゃ難しかったですが、
めちゃくちゃ無理して読んだおかげで
いくつもの素敵な偈頌(詩の形になった教え)に出会うこともできました。

書き留めて覚えておきたい宝のような言葉・・・

ただ、私の書くチベット文字は、きれいに揃っていなくて、
まあ言ったら、小学生のように幼稚な字です Orz
お習字して美しく書けるようになりたいものです。
それともいっそ、チベット語の入力プログラムを買ってしまおうかな、などと
真剣に考えているところです。
・・・ここまでくると、かなりのオタクですね。。。


さぁてこれからも、このお仲間たちと
チベット語で仏教関連のものを読むお勉強が続きます。
次は何を読もうかな♪
とってもとっても楽しみです~~(^o^)

b0253075_23112836.jpg

[PR]
by prem_ayako | 2013-02-14 21:51 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako