アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

しらんまにロンドンへ行っていた

息子は無事アイルランドに着きました。

2月2日の夜中にひとことだけ、Twitter に
アムステ~ルダム」と呟いていたので(笑)
トランジットのオランダまでは無事だったってことがわかりました。
そのあとどうなったかなと思っていたら、
2月4日に、ダブリンの小学校のパソコンからメールが届きました。

たぶん日本語変換機能がないので、しかたなしの横文字メールでした。
つっこみどころ満載でしたが、
それでも言っていることはよくわかりました・・・
元気だから心配しなくていいよ。
ホームステイ先のおばさんは親切で、歓迎パーティをしてくれたよ。
アイルランド人はおしゃべりで英語が早い気がするよ。
来週の休みに旅行できそう。イギリスへ行くかも。
などなど。

なんだか、英語だといつもより饒舌で
びっくりマークを多用したりして
ちょと人格変わった?って感じでした(^^)

さてイギリスへ行けるかもって話、
私はてっきりホームステイ先の方が連れて行ってくださるのかなと
勝手に思いこんでいたのですが

2月10日のあけがた、今度は日本語のメールが届きました。
今、学校が1週間休みなので旅行で1人でイギリスに来ています!
ユースホステルのフリーワイファイでメールしています。
今日は現代美術館のテートモダンに行きました。すごかった!!!また明日にでも写真おくります!!
明日かあさってアビーロードに行きます!!
あさっての夜ダブリンに帰ります!!!


ひえ~~
ダブリンにたどり着いてたったの1週間で
今度はひとりでイギリスへ!
しかもロンドンのユースホステルに泊まってるって。
ほお~~!!

なんというか、23歳の男子ならこれぐらい普通なのかもしれませんが
私には到底考えられない行動力なので
すっかりもう、追い越されてしまったなぁ~と思いました。
(私は基本、ひとつ冒険をしたら、あとしばらくは休息が欲しい人なのです)
私の方がずっと臆病で世慣れていないのかもしれませんw

しらんまに1人でロンドンへ行ってたなんて
(しらんま=知らない間に)
・・・つまり、
なんとなく「私が」「守ってあげる」つもりになっていたけれど、
いかにそれがナンセンスか、笑うしかないといいますか

彼には自分で自分を守る能力が十分あるのです。
私は自分のライフスタイルに動かされ、勝手に不安になって、
それで不動明王さまから心の平安をいただいているわけで
彼の方は別に・・・不安のふの字もなく(笑)
思いっきり楽しんでいるんですよね。。。


そのあと Facebook に彼は、
ダブリンの小学校で撮った美術の授業のようすや
子どもたちの作品展示や、テートモダンの写真やらを、
フリーワイファイの使える間に、次々とアップしてくれました。

そして昨日は、念願のアビーロードに行ったみたいです。

b0253075_22185679.jpg

息子は10歳の頃からビートルズが大好きで
アンソロジーのCDを何度も何度も聞き込んで
小学生のくせに全部そらで歌えるほどでした。
彼のエレキギターの原点はビートルズだったろうと思います。

ビートルズのアルバムの撮影場所になった
アビーロードスタジオに行きました。
見知らぬフランス人にお願いして写真とってもらった!
めっちゃいい人やった!車ビュンビュン走ってた!!



母親の私が言うのもなんだけど
きみ、かっこいいよ。
どこへだって歩いていけるね。
笑顔で
雨の中でも背中を伸ばして

未来へ。
[PR]
Commented by えな at 2013-02-12 18:28 x
息子さん、なんてたくましい!
そして、ラストのお母様の想いに、ちょっとうるっと来てしまいました。
Commented by prem_ayako at 2013-02-12 23:38
たくさんの若者を見ておられるえな先生にそう言っていただけてウレシイです~(^_^)
子どもを想う気持ちは、母親も先生も、そんなに変わらないと思いますよ・・・
ただ母親は、というか私は、けっきょく「信頼」「尊敬」ができてなかったんだと思います。反省。。。
ついついイメージの中で、15歳の頃の息子を相手にしていたみたいです。
そろそろ夢からさめて、現実の彼とよこの関係をきずいていきたいです。
Commented by 酒井朋子 at 2013-02-14 12:41 x
息子さん、すごいですね~~!
えなさんのおっしゃる通り、たくましいですね!
アビーロードで写真!?
めちゃ、かっこいいじゃないですか。
また、10歳でビートルズを聞いて、英語の歌詞を全部覚えちゃうなんて、しぶい!!

子どもをいつまでも子どもと思ってしまう・・私も反省します。
5~6年前に、息子が香港へ一人旅したとき、中国語はもちろんのこと、(一応帰国子女なのに)ほとんど英語が話せない息子、しかも、一人で飛行機に乗ったことのない息子のことを思いっきり心配し、団体旅行にしたら、とススメていた私が恥ずかしいです。
Commented by prem_ayako at 2013-02-15 00:18
朋子さん、きゃあ同じだわ♪ って喜んでちゃいけないですね、
かわいい息子たちから自立しなければ~(^_-) 
よこの関係、尊敬、信頼、感謝 ・・・ 大事な言葉はたくさん知っているんだけど。
ご一緒に精進しましょうねえ!
by prem_ayako | 2013-02-11 22:23 | family | Comments(4)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako