アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

アイルランドと不動明王

b0253075_21364920.jpg息子が
2ヶ月ほどアイルランドに行くことになりました。
国際教育実習とかいうプログラムで、
ダブリンで、むこうの先生のお家にホームステイさせていただき
小学校で授業をさせてもらえるのだそうです。

英語で授業!?
なんでアイルランド?とも思うけど

イギリスだと語学研修を受けなきゃならないとか
TOEICの点数が足らなかったとか(^^;)
まあいろいろあって、春休み中の短期留学となったもようです。

前から、院にいる間に留学したいと言うのを聞いていました。
もちろん私は大賛成です!
まず行ってみるといい。
わからないことも多いだろうし
失敗もたくさんするだろうけど、それは必ず糧になる。
ともかく行ってみたらいいと思うよって。

なにより、息子が自分で希望して自分で探してきた話ですので
やれるだけやってみたらいいと思っています。
ひとりで飛行機に乗るのも初めての人が、
いきなり地球の裏側までトランジットして行くというのですから
いい度胸だなあ~!と思います。


でもね。
母としては、こうやって応援する気持ちとはうらはらに、
出発日が近づくにつれドキドキしてきたのでした。

もう23歳ですから、たいていのことは大丈夫だと思うのですが、
何かあったらどうしよう(>_<)と
ついつい考えてしまいます。
どうしようもない不可抗力の出来事がもし起こったら(>_<)なんて。
(どうしようもないなら考えても仕方がないんですがね)

うむむ・・・
ここはひとつ、強力な神仏にお願いしないと
私の心が安まりませぬ。
(そう、私の心の平安のためなのです!)

b0253075_21273100.jpg今年のお正月、偶然
「北向き不動尊」と呼ばれるお寺で
(正確には真言宗報恩院)
盛大に護摩の火を焚いているのを見ました。
檀家さんのお名前の書かれた護摩木を
ひとつひとつ読み上げては、
山伏のようなお坊さまが、
剣を抜いて魔を断ちきっておられました。
すごぉい迫力でした~

そう、やっぱりご担当は、不動明王さまでしょうね!
あのお寺のお守りをいただこう。
お不動さまなら、
事故とか病気とか、息子にかかってくるかもしれない「魔」を
退けてくださるにちがいありません!

そう思って1月半ばのある日、
もう一度このお寺にお詣りし、
お守りをいただけるかどうか尋ねてみました。

親切なお寺の方がおっしゃるには
お守りは普段並べて売っていないのですが
依頼されたらお作りしますよ・・・
でもご祈祷に1週間ぐらい時間がかかります、ということ。

まあ、そんなに丁寧にしてくださるんですか!と喜んで
息子の名前と生年月日を申し上げ
ご祈祷をお願いして帰りました。
(しかもたったの五百円!いいのかしらん。
 もちろんお賽銭は多い目にあげましたが・・・)

この時点で、もうすでに、私のマイナス感情は
一気に安心~という境地に舞い上がりました。
「心配」で曇っていた心が、すっきりと晴れ上がった感じです。
単純です(^^;)

日をあらためて、
出来上がったお守りを頂戴にあがりました。
お寺の方は、「これは一生もんですよ!」
と笑顔で保証してくださいました(^o^)
うれしいですw

心をこめてご加持いただいたお守りですから
もう何があっても大丈夫でしょう!

ありがたや、不動明王さま。
出発に間に合うように、息子の下宿先へ送りました。

息子の旅行中は
毎朝、不動明王真言を21回唱えることにいたします。
b0253075_21493322.jpgそして
出発は、明日です。
明日は特別に108回唱えましょう。

行ってらっしゃい!
実り多き旅を。

おーむちゃんだまはろしゃなふーむぺ
おーむちゃんだまはろしゃなふーむぺ
[PR]
Commented by えな at 2013-02-02 11:07 x
すごーい!!!いいなぁ、いいなぁ、アイルランドで教育実習。しかも2ヶ月。なんて楽しそう。私もやってみたい。「美術」だからできる面もあるのでしょうね。美術と音楽は、世界の京津言語ですものねぇ。うらやましい。
そして、子どもが様々な挑戦をする時は、母親はこんなにも心配をするものなのだ、という、私からは見えない面も教えて下さってありがとうございました。私はどうも「子ども」側からしか世界が見えないのですが、私の母もひょっとして私のことが心配なのかしら、とちょっと思いました。
息子さんの豊かな学びをお祈りしております(^_^)
Commented by えな at 2013-02-02 11:08 x
あ、間違えた。「京津」ではなくて「共通」ですね。
Commented by 酒井朋子 at 2013-02-02 14:10 x
大きなチャレンジをされる息子さん、ステキですね!
英語がお得意なのはお母さんの影響でしょうか?
息子さんのためにお守りを用意されたあやこさんのお気持ち、理解できるような気がします。
私も、以前息子に災難が続いたとき、(え~っと、あれはどこだったんだろう?)兵庫県の神社に参拝して、お守りを買ってきて息子に渡したことがあります。そう、母の心の平安のためだったんですけどね。
でも、お賽銭をたくさんさしあげたせいか(^^;)、母の心からの願いが届いたのか、その後息子は無事に暮らしております。不動明王さまのお守りなら、きっと強力に息子さんを守ってくださると思いますよ。
Commented by prem_ayako at 2013-02-03 20:18
あたたかいコメント、ありがとうございます♪

「美術」はさいわいなことに共通言語ですね~ 冷静に考えると、それに加えて息子は音楽をやるし、バイト先で学んでオムレツも作れるし、お皿洗いはお手のものだし・・・未知の社会に単身飛び込むにあたり、英語力不足をおぎなってあまりある(^_^;)リソースをたくさんもっていますワ。私、過保護かも。。。

英語に関しては、(私からみると大丈夫かな~???と思うのですが)本人には苦手意識はまったくないみたいです(不思議だ)。触覚型ですから、きっとなんとかやってしまうんでしょう。。。・「めっちゃいい人ばっかりやったわ~やっぱり言葉やないで。心は通じるもんやで!」なんて言って帰ってくるような気がしますw
Commented by あゆみ at 2013-02-11 09:09 x
不動明王さま、拝見しました。強そうです。早速、お力をお貸しくださってさすがです!(どうも、ブログを読むタイミングが遅くてお話についていけてなくて失礼しました…)
Commented by prem_ayako at 2013-02-11 20:29
あゆみさま~ 昨日はおつかれさまでした。ブログにもおいでいただきウレシイです。ありがとうございます(^^) 
・・・いえ、もうオタクな話ばっかりで、こちらこそ失礼しました~ 懲りずにこれからもよろしくお願いいたしますw
by prem_ayako | 2013-02-01 21:57 | family | Comments(6)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako