アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

オフィスの準備

新大阪のアドラーギルドのオフィス閉鎖にともなって
ここ6年ほど働かせていただいていた事務所のお仕事も年末で終了します。
今後は、アドラーギルドのお仕事を
全面的にさせていただくことになります。

インターネット担当者が1人おられますが
あとは社長と私の零細企業となります。
今まで数人で分担していたお仕事を
これから私だけでできるんかいなぁ~
と思うのでありますが

社長は「今までと比べて、そう仕事量は増えないから、大丈夫」とおっしゃいました。
そうですか?ほんまですか?
って、実はちょっぴり疑っていたのですけど

やっぱりお仕事量激増しております。。。
だいたい今は、前からの事務所のお仕事プラス
来年からのアドラーギルドのお仕事の両方を処理していますから
ややこしいことこの上ありません。
(まあ、社長の方がはるかにお忙しいのはみなさんご存じのとおりですが)


新大阪のオフィスにあった備品類は、
ご縁のある方に引き取られたり処分されたりしていきましたが
私のところにやってきた品物も少しあります。

仕事上たいへんありがたいのは、なんといってもパソコンです。
長いことラップトップを使っていたので
久しぶりにテンキーつきのキーボードはとっても使いやすく
大容量の Windows7は、サクサク動いてくれて感涙~

それから、浅い引き出しが4段ぐらいある小さなキャビネットも
2個もらいうけました。
春までの行事が目白押しなので
それぞれの、会場の確保、案内、受付、入金確認、連絡と、
混乱しないように片づけていかなくてはなりませぬ。
こういう引き出しがあると、ちょっとオフィスの気分です。
(ほんとは2個じゃ全然足りないんですけどね・・・)

b0253075_1715465.jpgそれから、実は私がいちばんうれしかったのは
この木の棒。
なんだかわかりますか?
昔のアドラーギルドの大研修室で
ASMIをうけたことのある方ならご存知かも。

ずっと昔に野田先生がお知り合いのお坊さんからいただいたものだそうで、
座禅のときに不心得者を後ろから叩く棒といえばわかるでしょうか。
警策(きょうさく)といいます。
本物は樫の木でできているらしいですが
これは素人向けで、ラワン材だそうです。

実際に叩かれたことはありませんが(^^;)
通いのASMIでは、
瞑想中背筋をまっすぐのばすよう、背に当てられた覚えがあります。

手の握りといい
重さといい
長さといい、なんだかとっても馴染む気がしたので、
お願いして、頂戴いたしました。

何に使うんでしょうね。われながら。
う~ん、たぶん使うことはないと思うけど・・・
持つと、思わず刀のように振り回したくなるのは
過去生の因縁でしょうか?(笑)


さて他のことも着々と準備が進んでおりまして
新住所の会社のハンコもできました。
これで今までのように、
いちいち封筒に差し出し人名を手書きしないでよくなりました(涙)

宛名についても、今までは手書きしていたのですが
処理量が倍増しましたので
名簿ファイルから1枚ずつ宛名印刷できるように、自分で工夫しました(^^)v
まさに必要は工夫の母!

新しい名刺のデザインも検討中です。
外国のアドレリアン向けにも name card があると便利なので
たぶん日本語と英語と両方を作ることになると思います。
肩書に Adlerian psychotherapist と書けるのが
思いがけずうれしかったりしています。

というわけで、
自宅がオフィスとして充実していくのは
とても快適ですが
プライベートな生活はどうなっていくのでしょうね?

さっそくこのクリスマスあたり
2歳のギャングスターこうすけがやって来る予定です。
そのとき、移動できないデスクトップ・パソコンや
重要書類のつまったキャビネットは、どうなるのでありましょうか?!

ま、考えても仕方のないことはあまり考えないでおこ。
警策だけは、隠しておこうかな(^_^;)
[PR]
Commented by 酒井朋子 at 2012-12-20 15:44 x
文子さん、お疲れ様です。

お仕事が増えて大変じゃないかな、と思っていましたが、なんだか楽しんでおられる様子が伝わってきました。

あの棒、警策って言うんですか?
なつかしいです~。
私もASMIのときに、背中にあの棒をあてていただいたことがあります。
文子さんのところにもらわれていったと知って、嬉しいです。

来年、参加予定の講座を数えたら、現時点で7つあります。
もしかしたら、もっと増えるかも。

夫も還暦を向かえ、老後の資金をためておかないといけないのですが、アドラー貧乏一直線です。
それでも、私のやりたいようにさせてくれる夫には感謝です。
おっと、のろけるために書き込みをしているわけではありません。

また来年も、あちこちで文子さんにお目にかかれそうで楽しみです。
来年もよろしくお願いします☆
Commented by ayako at 2012-12-20 23:48 x
いやいや、どう考えてもそれはのろけでしょう~(^o^)
旦那さまはきっと、朋子さんのはつらつと学ぶお姿がお好きなんでしょう~
お金には換えられませんよね。

私も、あちこちで朋子さんにお会いできそうで楽しみです!
こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。
by prem_ayako | 2012-12-18 17:20 | others | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako