アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

竹之内街道

長かった夏もようやく終わり、総会も終わりました。
たいしたことはしていないのに解放感は大きくて(笑)
昨日、思い立って竹之内街道を歩いてきました。
9月末に行った當麻寺周辺がとても良かったからです。

b0253075_22122319.jpgものすごくいいお天気で
まるでチベットの青空のよう♪
って行ったことないけど。

空気が澄んでいて
日差しは強いけど爽やかで
外歩きにうってつけの日和でした。
帽子にサングラスで、あやしいけれど日焼け対策は万全。

b0253075_22152886.jpgもうほとんどの稲穂は刈り取られ
今度はススキの穂が目立っていました。

近鉄南大阪線、当麻寺のひとつ向こうの磐城駅で下車。
南に行くとすぐ一画に、うっそうとした森がありました。
長尾神社とやらの裏らしいです。
ここから、二上山の南を巡る竹ノ内街道を歩きます。

竹ノ内街道は、推古天皇21年(613年)に
難波と飛鳥を結んで造られたといいますから、
古の渡来人たちも歩いたでしょうし
遣唐使たちもここを通って難波の津へ出たでしょう。
近世には、お伊勢参りの人たちが行き交ったことでしょうね。
「幕末嘉永六年に吉田松陰が竹内峠を経て儒者を訪ね、
文久三年には天誅組の中山忠光等七名が志果たせぬままここに逃走」した
と説明に書いてありました。

b0253075_22213078.jpg人気のない細い道の両側は
よく手入れされた古いお家が並んでいて
しっとりとしていい感じです。
人々は格子窓の奥に潜んでおられるのでしょうか。
静かです。

このような、歴史を受け継いで生きている町を、
失ってはならない。と思います。

b0253075_22192835.jpgいつかある日、このような所まで異民族がやってきて
屋根瓦をはがし板塀を破り、住民を追い立て、
彼らの流儀のものをどんどん建て始めたらどうか?

チベットで起こっていること
バルトの国々で起こったこと

静かな美しい道を歩きながら
思いはチベットに飛んでいました。。。
空があまりに青かったせいでしょう。


b0253075_2224391.jpgやがて街道は徐々に上りになり
竹内峠へ至ります。
ドングリが落ちていて
木漏れ日が美しく
ガマやススキの穂が光ります。

二上山を登るハイカーさんたちにも行き会いましたが
私は軟弱なので山登りはパスし、
そのままてくてく峠を越えて、太子町に入りました。

b0253075_23582180.jpg


太子町の竹之内街道はよく整備されていましたが
ちょっと観光地化をめざしている感じがして
(でも人通りはほとんどないんですが^^;)
私は当麻町側の雰囲気の方が好きでした。

b0253075_22255010.jpgこの町にある、聖徳太子の御廟に寄りました。
磯長山(しながさん)叡福寺といいます。
秋の光の加減か、建物そのものが美しいのか、
清々しくきれいなお寺でした。

仏教への信仰の篤かった聖徳太子。
そういえば今年1月、たまたま訪れた四天王寺で
秘仏(聖徳太子四十九歳摂政像)の
年に一度のご開扉に立ち会えたことを思い出しました。

私が今、日本で仏教を学ぶことができるのは
太子さまのおかげです~
お墓にお参りできて良かったです。

それから上ノ太子駅へ出て
また近鉄南大阪線に乗って帰ってきました。

朝9時半ごろの電車で行って
天王寺に戻ったのが2時半ごろ。
ほんとにお手軽に、日本の秋を堪能することができました。

b0253075_22312838.jpg

よく歩いた自分にごほうびを。と
天王寺でケーキセットを食べました。
何やってんだか・・・

で、今日は朝から、脚はもちろんですが、
さらにお尻と脇腹の筋肉が痛いです。
かなりなまっておったようです~ orz
[PR]
by prem_ayako | 2012-10-27 22:52 | travel | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako