アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

弓道とルンとアドラー心理学

毎朝、まず呼吸を調えて瞑想を始めます。
身体の中央にある脈菅に気(ルン)を通すよう心がけているんですけど

今朝ふと、弓道の構えを思い出しました。
座ったまま両腕を、「執り弓」の姿勢にもっていき
大きく上に上げて、「大三」に開き、引き分けました。
(なにやってんねん^^;)
ですけど、なんだかこれで悟るところがありましたのよ(^^)

中央脈菅がまっすぐに通っていると
腕をいくら動かしても、中心はぶれません。
呼吸も変わりません。

実際に弓を引くときには大きな負荷がかかりますから、
筋肉を鍛えていない私は、いつもヘンなところに力が入って
身体が歪んだり、不安定になってしまっていました。
ポイントは身体の中心が定まっていることだと教わっていて
頭では分かっていたんですけどね。

弓道を始めたそもそものきっかけは、大きなJ先生が
「この本にアドラー心理学の奥義が書かれているのじゃ」と
オイゲン・ヘルゲルの『日本の弓術』を薦めてくださったことでした。
しかしいくら読んでもその奥義が見えず
実際に弓道を習ってみても、やっぱり掴めず
結局、半年通って、1年前にやめてしまったのでした。

あぁそうだったんだ。。。
と、今ごろ突然分かった(ような気になっている)次第です。

奥義は、細かな技術ではなく
中央脈菅にルンを通すこと

つまりは、こちらの姿勢、
存在のありよう。
ひとつ上の階層(ランク)の話だったのです!

先生がヘルゲルの本を通じて教えようとしてくださったのは、
カウンセリングも、実は
この階層での姿勢が問われているということだったのだと思います。
(違ってたりして ^^;)

たとえば初めての方と相対したとき
こちらの邪念は、おそろしいぐらい見透かされていると感じます。
何度かお会いしている方でも、こちらに迷いがあるときは、
いくら小手先の技術を使ってもうまく進めることができません。

だから私的には
中央脈菅にルンが通っているかどうかがポイントなんですわ!

すいません、訳わかんない話で(^o^;)

人間は、どうやら、ルンを通すただのパイプではないか
と最近思います。
このルンを制御すること。。。
それが身体に現れたとき、矢はまっすぐ遠くまで飛んでいき、
同じように、
それがうまく言葉として使えたとき、
カウンセリングが成功する、というか、
アドラー心理学を使って
人を援助することや癒すことが可能なのではないかしら?

なぜなら、アドラー心理学はただの技術ではなくて
Gemeinshaftsgefuel という思想を伴ったものだから。

仏教で身・口・意といいますが
身と口に関してのルンの顕れは分かったゾ!(^o^)
(ほんとかなぁ・・・)
意に関しては、
その境地にないので、私には分かりません(>_<)
[PR]
by prem_ayako | 2012-09-30 20:11 | psychology | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako