アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

「生まれたてのレトロ」展

週末には鳥取に行っていたのですが
今日はまた、奈良県葛城市の當麻寺(たいまでら)に行ってきました。
當麻寺すぐ傍のギャラリーを借りて
息子が月末まで、グループ展を開いているからです。

天王寺で近鉄南大阪線に乗りかえて
たったの35分。
おりからの晴天
古市を過ぎると、稲穂が頭を垂れる日本の秋の風景となりました。
上ノ太子(かみのたいし)駅
二上山(にじょうざん)駅
二上神社口(にじょうじんじゃぐち)駅
あまりの美しさに、読んでいた本を閉じました。

乗ったことのない路線でしたが
たった3両でこんな所まで、くまなく走るとは
近鉄、偉大!

b0253075_22445819.jpgそして当麻寺駅。
せっかくですから、ギャラリーに行く前に
當麻寺をゆっくり散策しました。
ここは牡丹が超有名です。
ですから今の季節は、とってもとっても静かでありました。

古代の竹内街道に近く
役の行者や弘法大師ともご縁の深いお寺です。
白鳳時代の弥勒仏像や四天王像も拝見しましたが、
中でも、天平時代、中将姫が蓮の糸で織ったという曼荼羅が有名みたいです。
それを室町時代に転写したものが本堂のご本尊でした。
阿弥陀如来を菩薩たちが取り囲む、西方極楽浄土を描いたものだそうです。
が、このイメージは、瞑想の中でも使えそうです。

また中将姫が剃髪したときの髪の毛(!)で刺繍した
阿弥陀仏、観音菩薩、勢至菩薩の種字(しゅうじ)(=梵字)もありました。
なんか、すごいですね・・・。

b0253075_22393951.jpg中之坊の書院ではお抹茶をいただきました。
広い書院に風が吹き通って
私ひとりだけ・・・

b0253075_22414822.jpg日本の建物って、どうしてこんなに落ち着くのでしょう。
畳のおかげかしら。
それともこの仄暗さのせいかしら。
板塀と少しばかりの前栽のおかげで
外界の人の気配が消えてしまうからかもしれません。

これがたとえば
ヨーロッパの庭園の東屋でもこんなふうに落ち着けるかというと、
同じように静かで人気がなくても
やっぱり少し違うような気がするんですよね・・・


それはともかく
昼すぎに仁王門を出て、すぐわきの小道に沿った
古民家ギャラリー「らしい」に行きました。
ここはおもしろいところで、大阪で写真をやっていた方が退職して
この土地に惚れこみ、古い民家を改造して始められたそうです。
いろんな展示会を1週間単位ぐらいでやっているみたいです。

  今回の「生まれたてのレトロ」展では、
  二つのコンセプトを軸に制作を行いました。
  ひとつは、新しい、まっさらであるということ。
  もうひとつは、古い、懐古的であるということ。
  私たちは生まれたてのレトロと言い換え、
  必ずしも直接的に表現しているわけではありませんが、
  相反する二つの意図の間で息をする
  私たちの作品をお楽しみください。


だそうです。↑文章はテキスト担当者によるものです。

展示は
絵画、テキスト、音楽、映像
の4人のコラボで、息子は映像です。
あいかわらず映像のタイトルは「早期回想#6.1~6.6」でした(^^;)

b0253075_22492053.jpg展示の様子をいくつか。。。

絵画担当者だけ女の子です。
大きい方の絵は「樹々」
小さい方は「青山峠」
素敵な絵だなぁと思いました。

なかなか才能のある若者が集まったように思うのは
親の欲目か?


b0253075_22505041.jpgスクリーンのむこう側で、
静かにライブしている音楽担当者
と、映し出されたテキストの一部。


b0253075_22542815.jpgb0253075_22561467.jpg息子の作品。

映像は刻々変化するので、
写真に撮りにくいです。
音楽に合わせて
6つのイメージを作り出していました。

左は「海月」という曲に合わせて
右は「赤い鉄」という曲に合わせて。


b0253075_2368100.jpg入り口近くでお喋りしている
お客さんとオーナーの娘さん
まったりといい感じ。

右の絵は「夜間飛行」
左は「木が生える山」

ちなみに彼ら、グループ展は初めてで
グループ名は「首がすわっていない」といいます(爆)
9月30日までやっているので、お近くの方がもしおられたら(おられないでしょうね^^;)
どうぞ行ってやってくださいませ
入場無料です。
b0253075_23254633.jpg

[PR]
Commented by iku at 2012-09-27 23:36 x
當麻寺の写真がうまい!
Commented by prem_ayako at 2012-09-28 20:40
おやまあ、ikuちゃんありがとう!どれを気に入ってもらえたんだろう?
部屋の中から庭を撮った写真かな。お抹茶と食べかけの和菓子じゃないよね(^^)
by prem_ayako | 2012-09-25 23:19 | travel | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako