アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

Pink Soup

リーガで過ごす第1日目は
とりあえず旧市街探検に費やしました。

b0253075_511369.jpgホテルは旧市街の中心部、
古い修道院跡を改築したものです。
あらかじめヨランタに
あまり高くなくて cosy なところを
と、教えてもらって決めました。

ホテルそのものもですが
近くの建物も
石畳の道も
どの路地も
どこもかしこも絵になります!

今回は重たい一眼レフカメラは持参せず
小さなニコンのデジカメだけを持ち歩くことにしたので
いくらでも写真を撮ることができます♪
歩きにくい丸くすり減った石畳も
縄底の靴で、どんどん歩けます♪♪

ヨランタがドムズ(大聖堂)でこの夜に行われる
ソプラノのアヴェ・マリアコンサートを勧めてくれていましたが、
行ってみると、ちょうどお昼の12時から
オルガンコンサートが開かれることがわかりました。

b0253075_581342.jpg夜のコンサートよりも
やっぱり教会ではパイプオルガン!
ということで、5ラッツ(800円ぐらい)払って
おなじみバッハの「トッカータとフーガ」および
ワーグナーの「巡礼の歌」を聴きました。
特にワーグナーは
頭のてっぺんからパイプオルガンの音が響いて
体の中がきれいに浄化されたような感じでした~

お昼ご飯はドムズのそばのホテルの屋上
テラスレストランという所に行ってみました。
Above the roofs of Riga というのが売り。
といっても5階ぐらいの高さです。

私は軽くスープでもと思い
とりあえずスープメニューの一番上に書いてあった
Classical beat-roots soup というのを注文してみたら
なんと!
b0253075_5134218.jpg

ピンク色のスープが出てきました!

これはすごいものですw
ピンク色の食べものなんて
アイスクリーム以外では、生まれて初めてではないでしょうか~
お花まで浮いているし(笑)

おそるおそるすすってみたら
ビーツは砂糖大根というだけあって
甘くておいしいコールドスープでした♪
でも、ちょっとしたカルチャーショックでしたね。


この日の午前中は、すごくよいお天気だったのですが
午後からあやしい雲がでてきて
いっとき土砂降りの雨になりました。

雨が降ると急に気温が下がります。
夕食に入ったレストランのテラス席は
天井にヒーターがついていて
しかも座席には毛布が置いてありました。

ヨーロッパの人たちはけっこう薄着で
寒くないのかな?というような格好をしている人が多いのですが

昼間は肩を丸だしに歩いていた女性たち
あるいは髭の男性たちも
毛布を体に巻きつけて寒さをしのいでいました。

7月にヒーターとは
さすが北国!

いろんなことにびっくりさせられた1日でした。

b0253075_5154362.jpg

[PR]
by prem_ayako | 2012-07-13 05:19 | travel | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako